趣味は映画の研究と映像収集。暇さえあれば作品鑑賞をしてますが、まだ未見の作品が棚にドッサリ・・・。香港・台湾・韓国・日本以外にも、東南アジア方面のアクション映画に関しても紹介します。
by moviefan-z


『無法無天飛車黨』

a0221045_16324617.png














原題:無法無天飛車黨
英題:Killers on Wheels
製作:香港:邵氏兄弟有限公司,1976年

【物語】
 休日を別荘で過ごすために小島を訪れた郭靜中ら男女四人だったが、同じ小島を訪れていた暴走族に絡まれてしまい、彼らの過剰な悪戯を受けてつい反撃に出てしまった郭靜中は完全に標的にされてしまう。やがて暴走族は郭靜中らの別荘を襲撃し始め・・・。

【解説】
 結局は天映娯楽社から未発売に終わってしまった現代猟奇犯罪アクション映画の傑作。桂治洪監督が描き出す、ヴァイオレンス・アクション・エロスの三要素が練り込まれた独特な世界観は凶気に満ち溢れており、特に終盤の破壊と暴力の限りを尽くす暴走族集団と、彼らの手によって明るかった人生をどん底へと突き落とされた主人公の郭靜中による残酷大攻防戦は凄まじいの一言。
 主人公の郭靜中役を演じた凌雲は台湾出身の二枚目俳優。57年に本名の林龍松から龍松へと改名し、台湾の玉峰影業公司の俳優訓練生として数多くの台湾映画に出演している。64年に中国出身の脚本家で、当時香港の邵氏兄弟有限公司に活動の拠点を移していた潘壘監督に招かれ、正式に邵氏専属俳優として契約し、芸名を龍松から現在の凌雲へと改名している。また、暴走族集団相手に死闘を繰り広げた後、壮絶な最期を遂げる郭靜中の友人役として李修賢が客演している。

【参考資料】
映像 :北京語音声,英語字幕版CI

a0221045_1036032.png
[PR]
by moviefan-z | 2010-09-08 14:15 | 公司:邵氏兄弟公司
<< 『世界最強の格闘技 殺人空手』 『新死亡遊戲』 >>