趣味は映画の研究と映像収集。暇さえあれば作品鑑賞をしてますが、まだ未見の作品が棚にドッサリ・・・。香港・台湾・韓国・日本以外にも、東南アジア方面のアクション映画に関しても紹介します。
by moviefan-z


『李小龍與我』

a0221045_20594672.png














邦題:実録ブルース・リーの死
原題:李小龍與我
英題:Bruce Lee and I
製作:香港:丁珮影業公司,1975年
配給:香港:邵氏兄弟有限公司

【物語】
 李小龍の突然すぎる死は世界中のファンを驚かせた。その時、彼の死の現場に居たのが愛人と噂されていた丁珮だった。世間の非難を浴び、精神的に追い詰められた彼女はバーで知り合った店長に、李小龍との出会いや死の真相について語り始める・・・。

【解説】
 実生活上で李小龍の愛人として世間を騒がせた丁珮が自ら原案と主演を務めた史上最低の問題作。李小龍関係者が観たら激怒して裁判沙汰にまで発展するんじゃないかと思われるほど、伝説的武打星の人物像を破壊するかのような酷い内容は非常に不愉快で腹立たしさが込み上げて来る。本作はブルースプロイテーション映画ではなく、丁珮の偽り自伝映画と言った方が良いかも知れない。
 本作で李小龍を演じるのは邵氏兄弟有限公司で張徹監督が率いる張家班の若手武打星として活躍していた李修賢。一体どのような経緯で李小龍役を貰ったかと言えば、どうも偶然彼を見かけた丁珮が「彼が一番李小龍に似ているわね」の衝撃発言が原因のようだ。劇中では丁珮と李修賢による濃厚な濡れ場が何度も流されるが、観ている側とすれば気が滅入るばかり。丁珮は自ら性悪女である事を主張しているかのようだし、正統派武打星として期待されていたであろう李修賢も本作以降は色々な意味でぶっ壊れて行くのであった。

【参考資料】
映像 :北京語音声,中文字幕版DVD
     イタリア語音声版DVD
書籍 :『カンフー映画大全集』(近代映画社)
     『映画秘宝 2004年11月号』(洋泉社)
[PR]
by moviefan-z | 2010-08-11 20:31 | 公司:邵氏兄弟公司
<< 『新死亡遊戲』 『黑龍』 >>