趣味は映画の研究と映像収集。暇さえあれば作品鑑賞をしてますが、まだ未見の作品が棚にドッサリ・・・。香港・台湾・韓国・日本以外にも、東南アジア方面のアクション映画に関しても紹介します。
by moviefan-z


『武之湛 舍利子』

a0221045_2121520.png














邦題:ドラゴン忍者
原題:武之湛 舍利子
英題:The Monk's Fight
製作:台湾:唯一影業有限公司,1982年

【物語】
 大國寺に保管されている、修行を終えて悟りを開いた高僧の遺灰を集めた仏舎利が盗賊団によって盗まれる。仏舎利奪還を命じられた大國寺の若僧、岳中奇は、仏舎利を取り戻すために殺生をして戒律を破るのを避け、自ら仏門の道を離れて一人旅立つのだが・・・。

【解説】
 日本では87年に「ヘラルド・ベスト・アクション・シリーズ」と題されて公開された台湾製功夫映画で、当時製作された数多くの功夫映画にありがちなコメディ要素を抜き、全編に渡って毒気を加えたシリアスな雰囲気を漂わせている。
 主人公の岳中奇役を演じているのは、本作の武術指導も兼任している李榮なる武打星で、彼が演じる岳中奇は終始無敵の存在として君臨する。盗賊団が牛耳る寂れた村に、マントを羽織り、草笛を吹きながら、馬と鷹と共に木枯らし紋次郎風に現れる。衣服を脱ぐと鍛え抜かれた屈強な肉体に、肩にはプロテクター、手にはグローブ、足にはスティックを装備しており、軽快なステップで瞬時に敵の隙間に深く入り込み、肘討ち・膝蹴り・裏拳などを喰らわす。この日本の時代劇に登場しそうな風貌に、普段見慣れた功夫とは違った、近代的な格闘スタイルを操る岳中奇の姿が強烈だった。
 余談だが、日本での公開の際に使用された広東語音声の香港版は、不思議なことに剣客役を演じる凌雲の出演場面が全て削除された短縮版で、他にも盗賊団首領の文虎役を演じる王虎が豪快な蹴り技を繰り出す、最終決戦の場面も大幅に削除されていた。

【参考資料】
映像 :広東語音声,日本語字幕版VHS
     北京語音声,中英文焼付字幕版DVD
書籍 :『ドラゴン忍者』※パンフレット
[PR]
by moviefan-z | 2011-03-11 19:50 |    :功夫片
<< 『爭一口氣』 『神威三猛龍』 >>